Gustave Coquiot → Motion Blue Yokohama



2013年10月22日(火)

Gustave Coquiot
Live at Motion Blue Yokohama

横浜の歴史的建造物である赤レンガ倉庫内の
有名なジャズライブハウス 「Motion Blue Yokohama」 に出演します。

新しい舞台への挑戦です。
遠方にお住まいの方もいらっしゃると思いますが、
ご都合が合えば足を運んでいただけるととても嬉しいです。

公演情報は以下よりご覧頂けます。

--------------------------------------------------

■ Gustave Coquiot 公演情報
http://www.motionblue.co.jp/artists/gustave_coquiot/

■ Motion Blue yokohama
http://www.motionblue.co.jp/

7/19(fri) Shibuya O-nest " Hey Pricks " シャムキャッツについて











シャムキャッツは首都圏を中心に活動する4人組のロックバンドです。今年6月にはNANOMUGENFESへの出演も果たし、今や各方面から注目を集める日本のインディーシーンを代表するバンドとなりました。

はっぴいえんどやサニーデイサービスといった美しい日本語ロックの系譜をしっかりと受け継ぎながら、どこか気怠く漂うようなグルーヴ、随所に光る独特の言語感覚など、他に類を見ない個性を獲得している稀有なバンドです。

メンバーの藤村頼正(Dr)とは元々大学の同級で、10代の頃から親交があります。大学に入学したばかりで右も左も分からなかった私にとって彼は音楽的に通じ合える数少ない仲間であり、一緒にバンドを組んでいた時期もありました。ある日大学の寮内で、当時まだ本格的に活動を始める前であったシャムキャッツのデモ音源を聴かせてもらい、雷鳴に撃たれたような衝撃が走ったのを覚えています。それはぼんやりとした退屈な日常の中で確かに感じる事の出来た「ロック」の感触でした。

ロックと言う言葉は今では本来の輝きを失い、非常に曖昧なものとなってしまいましたが、彼らは胸が高鳴るようなじりじりした衝動を鳴らすことのできる本物のロックバンドです。

我々Gustave Coquiotとシャムキャッツの音楽は、もしもジャンルというものがあるならば全く異質なものであると言えるでしょう。

しかし表面的には異質でも、根底には非常に似たものが流れていると感じています。衝動、フラストレーション、

今回彼らと共演できることをとても光栄に思っています。



2013年7月19日(金)
" Hey Pricks "

 -  『 Gustave Coquiot × シャムキャッツ 』 ( 2マンLive )
at 渋谷O-nest

open 18:30 / start 19:30
Ticket  adv 2500 (1drink 別)



■シャムキャッツ

■渋谷O-nest


7/15(mon) 八丁堀 七針

Gustave Coquiotはギターボーカル3人という編成で活動をしてきました。
2nd Album "Bulky"ではドラムやベースの音を加え、1st Album "Pony Blows" とは
私たち自身が持つ、また少し別の 側面がでてきたように思っています。
しかしながら、本質的には私たち3人は変わってはいません。

7/15(mon) 七針では久しぶり に 河合、大宮の2人編成でのライブを行います。

1st Album リリース以前は河合、大宮の2人編成でのライブを行っていました。
初めて七針さんに出演させていただいた時も2人編成でした。

この日は、2nd Album制作を通して広がった、2人ならではのライブをしたいと思っています。
7/19(fri) 渋谷O-nestでのライブとは異なった特別なライブになると思っています。

またこの日は7/19(fri) 渋谷O-nestでサポートメンバーとして参加していただく方々のバンド、

"Your Last Chicken" に出演していただきます。
O-nestで混ざり 合うこととなる、Gustave CoquiotとYour Last Chickenのサウンド。
それらを個々に堪能していただけます。そんなコントラス トを体感できるライブになると思います。

Your Last Chickenは1st Albumをリ リースする以前か ら

一緒にライブをさせていただいており、私たち3人がとても好きなバンドです。
まだライブをご覧になったことのない方は、ぜひ今回ご覧いただけたらと思います。





Your Last Chicken
http://okubyomono.blogspot.jp/



さらに、Gustave Coquiotが 所属するレーベル"RONDADE"より 
5月に最新作"Love Is Overtaking Me"をリ リ ース された
"Ryo Iwamoto"さんに もご出演いただきます。
最新作ではGustave Coquiotメンバー大宮がギターで参加させていただいております




Ryo Iwamoto
http://www.rondade.jp/artist/ryo_iwamoto/index.html


Ryo Iwamotoさんはこれまで "we are time"  という名義で
ギターの音源をリ リ ース してこられましたが、
今作か ら"Ryo Iwamoto" と してピアノ を 演奏されています。
"we are time" から "Ryo Iwamoto" への変遷を、
ぜひ七針に てご覧 いただけたらと思います

----------------------------------------------------------------------------------------------------


■ 7/15(mon)
八丁堀 七針

http://www.ftftftf.com/

Live:

 Your Last Chicken/ Ryo Iwamoto / Gustave Coquiot / Bird By Snow

OPEN 18:30
START 19:00

¥1,500 (30名限定)

予約受付
yy@ftftftf.com 
tel:07050827581
gustavecoquiot@live.jp


7/14(sun) 京都Social Kitchen



”21世紀型公民館” を目指すSocial Kitchen。
今回、このような場所でライブをすることとなりました。
多様な背景を持つ人たちが、集まり、会話し、議論し、学び、実践する場。
そんな場所で ライブができるのだから、ただの音楽イベントには終わらせたくない。
そんな思いから、今回ライブイベントと合わせてアメリカ人アーティス ト
"Bird By Snow"とのトークセッションを開催することにしました。

アメリカ、Big Surに 在住する "Bird By Snow"。
いったいどん な人物で、どんな生活をしているのでしょうか?

"Big Sur"― その地名か ら私たち日本人はどんなことを想像するでしょうか?
もしかした ら 私たちの ”想像” は海外の人たちが 想像しているか もしれない、
” 日本人はみな着物を着ていて、金閣寺みたいな家に住んでいて、山には忍者が いて…”
そんな的外れな”盲想”なのか もしれません。

京都Social KitchenでのライブではBird By Snow本人に 現在のBig Surの状況や
彼自身の生活について話してもらう 機会を設けます。
同時通訳で 行いますので、英語がわか らなくても大丈夫です。
また、直接彼にききたいこと、知りたいことを投げかける 時間 もあり ます。

住んでいる土地、文化、そしてそこか ら生まれる音楽。
切り はなせないものが 繋がる 瞬間が 生れるのではないかと思います。

”Bird By Snow"という人物にふれ、より  深く彼のライブを堪能してみませんか?
そして、私たち自身の 生活についても少し考えてみませんか? 

-------------------------------------------------------------------------
|Live:Gustave Coquiot / Bird By Snow
|日程:2013年7月14日(日)
|時間:
◯ Talk Session OPNEN 15:00 / START15:30
◯ Live OPEN17:30 / START 18:00
|料金:
◯ Talk Session 1Drinkオーダー
◯ Live 2,000円+1Drink
|場所:Social Kitchen 2F
http://hanareproject.net/
予約受付
gustavecoquiot@live.jp

7/13(sat) 兵庫Barnshelf














かつて牛小屋であった場所を改装してつくられたお店"Barnshelf"。
Gustave Coquiot ×Bird By Snowの ツ アーはこのお店か ら始まり ます。

まだ 実際にお店にはいけており ませんが、WEBサイトを拝見しただけでも、
ここでライブをやり たいと思ってしまいました。
まず、訪れることだけでも楽しみです。

Gustave Coquiotとしては初めての 関西でのライブ。
Bird By Snowとしては初めての 日本でのライブ。
そしてBarnshelfさんとしても初めての音楽イベントとのこと。
きっと素晴らしい一日になるだろうと思います。

お近くにお住まいの方、ぜひぜひお越しください。

-----------------------------------------------------------

ウシゴヤオンガクカイ
RONDADE × Barnshelf

2013年7月13日(土)
LIVE:
 Gustave Coquiot / Bird By Snow 

OPEN   17:30
START 18:00

限定40名  
料金:¥2000(1ドリンク付)

場所:Barnshelf

http://barnshelf.com/

予約受付:
info@barnshelf.com
お名前、ご連絡先、予約人数を上記のメールアドレスにお送り下さい。


Bird By Snow について
















初めて彼の存在を知ったとき、こんな人とライブができたらいいなぁと素直に思いました。

彼の奏でるサウンドは、都市生活者のつくる、いわゆる”オーガニック”とは異なり ます。

荒涼としていて、えぐみもあって、一見冷たい。
それゆえに、本当の意味で ”温かく”、そして ”優しい”。
”nature"(自然)ではなく"wild"(野生)。
そんなものを感じました。

7月のツアーではアメリ カからBird By Snowを呼び、全編にわたって一緒にまわり ます。


生で ”野生” を堪能してみませんか?







Bird By Snow -
Fletcher Tuckerによるレコーディングプロジェクト、Bird By Snow。
2005年より 自身が 主宰するレーベルGnome life record より 4枚のアルバムを発表し、
2012年に5作目の作品となる ”Offering” を発表。
Fletcher Tuckerはエッセイス ト、詩人、彫刻家、版画家、画家、写真家であり、
自らのレーベルGnome life recordではLittle Wings, Daniel Higgsなどの
プロデューサーおよびレコーディングエンジニアとしても活躍している。
彼はカルフォルニア州のビッグサーとよばれる人口の少ない自然豊かな地域に居住しており、
ビッグサーの自然とそこに住む植物、動物を深く敬愛している。
彼の音楽はビッグサーの植物相、動物相、地質と天気の中に潜む無名のプレイヤーたちとの
共同制作によってつくりあげられたものであり、彼自身は細胞の塊であり、
それらの無名のプレイヤーたちの音楽を運ぶ存在であると彼は語っている。

また彼はアーティス トであるだけでなく、ときに有機農家になり、
ときには大人向けにビッグサーの自然の歴史をレクチャーし、
小学生に農業や自然について教えている。

WEB :  http://www.birdbysnow.com/

Gustave Coquiot ” Bulky ” Tour

■ 7/13(sat) 兵庫 Barnshelf 
Live: Gustave Coquot / Bird By Snow
OPEN 17:30
START 18:00
限定40名  
¥2000(1ドリンク付)
予約受付
info@barnshelf.com
■ 7/14(sun) 京都 Social Kitchen
Talk Session:
OPEN 15:00
START 15:30
参加無料
Live: Gustave Coquiot / Bird By Snow and more
OPEN 17:30
START 18:00
¥2,000+ 1drink
予約受付
gustavecoquiot@live.jp
■ 7/15(mon)
八丁堀 七針
Live: Your Last Chicken/ Ryo Iwamoto / Gustave Coquiot(アコースティックセット) / Bird By Snow
OPEN 18:30
START 19:00
¥1,500 (30名限定)
予約受付
yy@ftftftf.com 
tel:07050827581
gustavecoquiot@live.jp

■ 7/19(fri) 渋谷O-nest
OPEN18:30 / START19:30
前売2,500円(1ドリンク別) / 当日未定
Live:
シャムキャッツ / Gustave Coquiot / Bird By Snow(Opening act)
予約受付
gustavecoquiot@live.jp
問い合わせ
渋谷O-nest tel:03-3462-4420
■ 7/21(sun) 熊本早川倉庫
Online Live : Gustave Coquot / Bird By Snow
OPEN 17:30
START 18:00
¥ 2,000+ 1drink

<Gustave Coquiot インタビュー掲載 × CONTRAST >




Web Magazine 『 CONTRAST 』
Gustave Coquiotのインタビューが掲載されています

http://con-trast.jp/

会場は茨城県つくば市「千年一日珈琲焙煎所」です。
是非ご覧下さい。

" Hey Pricks " - 『 Gustave Coquiot × シャムキャッツ 』 2マン詳細






2013年7月19日(金)

" Hey Pricks "
 -  『 Gustave Coquiot × シャムキャッツ 』 ( 2マンLive )

at 渋谷O-nest
open 18:30 / start 19:30
Ticket  adv 2500 (1drink 別)

■シャムキャッツ
http://siamesecats.jp/

■渋谷O-nest

http://shibuya-o.com/nest/2013/05



< 『 Bulky 』 発売前日>




Gustave Coquiot 2nd Album 『Bulky』
ついに明日5/22(水)店頭発売開始です。

すでに店頭に並んでいるお店もあります。
見かけた際はぜひご一聴ください。

< 『 Bulky 』 × Village Vanguard限定 特典DVD-R >

Gustave Coquiot 2nd Album 『 Bulky 』
5月22日(水)の発売までいよいよあと二日です! 

本作『Bulky』をVillage Vanguard店舗でお買い上げの方には
先行配信曲"Parker"のPVを追加した特典DVD-Rが付きます



■Village Vanguard
http://vvstore.jp/i/vv_000000000046864/

<『Bulky』 × TOWER RECORDS限定> 特典CD-Rのお知らせ



Gustave Coquiot 2nd Album " Bulky "
5/22の発売までいよいよあと三日です。

※ 『Bulky』 TOWER RECORDS特典 ※

本作『Bulky』をTOWER RECORDS店舗でお買い上げの方には
アルバム未収録の2曲を追加した特典CD-Rが付きます。
こちらも是非。



Gustave Coquiot × シャムキャッツ



2013年7月19日(金)

『 Gustave Coquiot × シャムキャッツ 』 ( 2マンLive )
at 渋谷O-nest

Gustave Coquiot 2nd Album 『 Bulky 』 5/22発売後の

一つの重要なイベントになります
シャムキャッツとの共演、大変光栄です
是非お越し下さい

■シャムキャッツ

http://siamesecats.jp/

■渋谷O-nest

http://shibuya-o.com/nest/2013/05

" Parker " フリー・ダウンロード開始


音楽配信サイト [ ototoy ] にて
Gustave Coquiot 2nd Album 『 Bulky 』 の2週間先行配信が開始

5 / 9 - 5 / 23 の期間限定で

一曲目 " Parker " がフリー・ダウンロード配信されます

http://ototoy.jp/feature/index.php/2013050900

Live !


2013 / 5 / 5 (SUN)
『Innocent Boys Play with Music Like a Child』
@ 六本木 SuperDeluxe

明日、Gustave Coquiot 出演します。
時間は13:00-14:00です。
サポートを加え8人編成で臨みます。
是非お越し下さい。

more info
http://www.whateverpress.com/records/index.html

---------------------------------------------

Gustave Coquiot

河合卓人 KAWAI TAKUTO (Vo,Gt)
大宮麻比古 OMIYA ASAHIKO (Vo,Gt)
村戸慎一 MURATO SHINICHI (Vo,Gt)

  +

日南京佐 HINAMI KEISUKE (Cello,Cho)
千勝薪人 CHIKATSU MAKITO (Syn,Cho)
from Your Last Chicken
http://okubyomono.blogspot.jp/

小笠原継貴 OGASAWARA TSUGUKI (Gt)

奥川洋平 OKUGAWA YOHEI (Ba)

新谷芳勇 SHINGAYA YOSHIO (Dr)
https://twitter.com/tarezouds

5 / 5 EVENT IMAGE UP

Gustave Coquiot LIVE
2013 / 5 / 5 (SUN)
『Innocent Boys Play with Music Like a Child』
@ 六本木 SuperDeluxe

Art Director : Rikako Nagashima

http://rikako-nagashima.com/

more info

http://www.whateverpress.com/records/index.html

【 Societe Perrier 】 インタビュー掲載


ペリエが世界各地の都市で展開するライフスタイル情報サイト
【Societe Perrier(ソシエテ・ペリエ)】にインタビューが掲載されました。
是非ご覧下さい

→ Societe Perrier
http://societeperrier.com/tokyo/articles/gustave-coquiot/#.UVVXZhcaOgi

5 / 5 Live at Super Deluxe



5月5日、六本木Super Deluxeにてライブを行います。
詳細、予約方法は下記をご覧下さい。

http://peatix.com/event/11304

Amazon


Gustave Coquiot / 2nd Album " Bulky " 


Amazonでの取り扱いを開始しました。

ご予約受付ております。 

http://www.amazon.co.jp/Bulky-Gustave-Coquiot/dp/B00BUGMEJS

『 Bulky 』 収録曲 ― " OTTAWA "


会話や祭の囃し立てのように、一つの声や動作に対する反応がある。

人は知らず知らずのうちにその反応を想像し、声を出し、聴き、感じている。
たとえ一人であっても。
一連の過程を自分の体を通して聴いているうちに夜は過ぎる。
私達が曲をつくる理由の一つです。

『 Bulky 』 収録曲 ― " Parker "


駆動、律動する
今回のCDの一つのテーマです

様々な局面で動機・目的・手段も含め、

情熱と直感をもって超えていくべき瞬間がある

その冷たい駆動は一見絵空事のようでいて

実際は最も人間らしい輝きを放つ

Gustave Coquiot - Parker


2013年 春に発売する Gustave Coquiot の 2nd Album " Bulky "

音源の公開を開始しました

最初の曲は " Parker " です